MBAはどんな人が学びに行くの?

世の中には山のように仕事があるもので、子供の頃は全く知らなかった仕事でも大人になったら「こんな仕事もあるのか」ということを知る仕事もたくさんあります。
大人になっても「名前は聞いたことがあるけれど、一体何をしている仕事なのかさっぱり分からない」仕事も又しかりです。

自分が知らない仕事でもスゴイ仕事

世間一般ではあまり知られていないけれど、実はすごいことをしている仕事はたくさんあります。
例えば公認会計士なんかはその代表例といえるでしょう。
大学時代に身近な人が勉強していたとか、自分が勤めている会社が大企業でもない限りあまり知られていない仕事です。
その内容は、企業が作成した財務諸表が一般に公正妥当と認められた会計基準に従って作成されているかを調査し監査意見として表明するものです。

そんな彼らが目指すところ

公認会計士に限らず、コンサルタントとか銀行マンなんかは「名前こそ知ってるけれど具体的な仕事内容を挙げよ」と言われたら言葉に窮していまいます。
しかし、彼らは常に「自分を向上させてさらにお客様に高品質なサービスを提供しよう」と努力しているのです。
公認会計士の場合、会計監査の領域と言うよりもコンサルタントの領域で働く人が多いため考えていることはコンサルタントと同じかもしれません。

日本の中枢を担っているからこそ

彼らは日本の中枢を担っているため、ある種彼らの一挙手一投足によって日本の運命が左右されます。
つまり、彼らが勉強を怠り何の知識もないままに仕事をしていたら世界中から日本が置いてけぼりにされる可能性が高くなるのです。

学んだことがどういかされているのか

そのため社内研修とか業界研修といったものを彼らは受けており、常にいろいろな勉強をしています。
彼が学んだことは仕事の中で当然生かされています。
「最新のこういう技術があるのですよ」ということから「昔からこうした分析手法があるのですが、御社で導入されてみてはいかがでしょうか」というような案内まで様々です。
仕事の質を上げるためには常に勉強し、多くの知識をお客様に提供することが欠かせません。

あなただって目指すことが出来る

iulioug
最近彼らの中で注目されているのが「アメリカの大学のMBA」です。
経営学にまつわる知識を体系的かつ具体的に学ぶことが出来るため、多くの人が取得を目指して勉強しています。
「私にはそんなものをとっても意味がないだろう」と思われるかもしれません。
しかし、MBAを目指すことだけはあなたにだって出来るのです。

転職に有利になることも多い

MBAを取得する人には一定の特徴というものが存在します。
だからといって学問への門戸は閉ざされているわけではありません。
あなたが「経営学を学びたい」という気力があればちゃんと取得することが出来ます。
MBAを取得することによって目に見えた仕事につながるとは限りません。
確かに「MBAを持っていなければ就職できない仕事」というものは、ほとんどありませんがMBA転職活動には大変有利に運ぶでしょう。
また「経営学」を学んでいく以上、自分で会社を経営することも得意になるでしょうから独立してコンサルタント業に専念することも夢ではありません。

周りと差を付けるための手段である

MBAは周りと自分の間で大きな差を付けるための手段です。
取得する人の特徴には似たようなものがありますが、それでも周りと差を付けたいという要望は変わらないのです。

新着情報

◆2016/04/22
MBAはどんな人が学びに行くの?の情報を更新しました。
◆2016/04/21
一流のコンサルタント会社がMBAを必要とする理由の情報を更新しました。
◆2016/04/21
会社の留学プログラムでMBAを取得しにいく人たちの情報を更新しました。
◆2016/04/19
会社プロフィールを新規投稿しました。
◆2016/04/19
将来のためにMBAを取得したいという若者の情報を更新しました。